|

サイトマップ

© 2012 BlogName - All rigths reserved.

デメリットを総合的にカバーした太陽光発電

太陽光発電システムは安全性が高く各家庭に設置しやすい発電方法です。
それだけを見ればメリットばかりのように思いますが、もちろんデメリットもあります。
その大きなデメリットの一つが不安定な発電なのです。
太陽光を利用した発電であるため、太陽が沈んでいる夜や曇りや雨で隠れてしまったとき、発電量がほぼゼロとなってしまいます。
そのため、発電しているときと発電していないときの両極端となってしまいます。
それが今まで太陽光発電システムがほとんど普及しなかった理由の一つとされているのです。
でも、日本で一番電力を必要としている時期は真夏の晴れた日である暑い日です。
その時間帯が最も太陽光発電システムが十分に活かされるときであり、電力の需要と発電量が一致しているところもあります。
そのため、太陽光発電の発電は決して完全なデメリットというわけではないのです。
さらに、再生可能エネルギーは太陽光発電だけではありません。
雨の日なら水力発電を稼動させることができますし、夜の間では風力発電も使えます。
さらに、バイオマス発電や地熱発電では安定的な発電が可能なのです。
このように太陽光発電だけでなく、その他の再生可能エネルギーを組み合わせることによって太陽光発電の不安定な発電というデメリットを補うことができます。
もちろん、水力発電や地熱発電や風力発電といったものは太陽光発電と違って、一般家庭で利用することはできません。
だからこそ、太陽光発電システムは家庭で発電させるようにして、それ以外のものを行政や企業の努力でカバーしていけば、全体的にみれば安定的な電力供給が可能となるはずです。
それぞれの再生可能エネルギーをお互いに役割分担するように、一般家庭と行政・企業がそれぞれが役割分担するようにすれば、それぞれの長所を活かしながら短所をカバーし合うことができます。
このように再生可能エネルギーは総合的に捉えていくことが重要だと思っています。