|

サイトマップ

© 2012 BlogName - All rigths reserved.

太陽光発電を導入する際に気を付けるべきこと

太陽光発電はその安全性と将来性、そして補助金制度の活用などによって、今もっとも熱い注目を浴びているエネルギーの一つです。
家庭への導入は一時に比べてかなり経済的負担が軽くなりましたし、企業も制度の改定によってより参入し易くなりました。
原子力発電所が停止した今、次世代のエネルギー資源として、今後も政官民業一体となった取り組みが推進されていくのではないでしょうか?
しかし中には様々なトラブルによって導入に失敗してしまうケースもある様です。
今後導入を検討されている方々は、それらの失敗例を参考にして同じ過ちを犯さない様に気をつけて下さい。
まず多いのが業者選びの間違いになります。
いい加減な設置工事の為に屋根を傷つけたという話があるのですが、それを直す為に更に補修費用を請求されたのだそうです。
あまり聞いたことのない業者でしたが安さに目がくらんで決めてしまったらしく、ここでも安かろう悪かろうは良い結果をもたらしていません。
特に太陽光発電は長年かけて元を取るものですから、導入時は慎重に慎重を重ねて業者を選びたいものです。
また、セールスマンの巧みなトークに騙されるケースもあります。
こちらは補助金制度の利用を持ちかけられ設置を決めたものの、いつになっても補助金は下りず、会社に電話をしてみると既に逃げ出した後だった模様です。
こちらは業者ではなく訪問販売という形で騙されたわけですが、このようなトラブルが後を絶たないので、間違っても安易にその場で契約などはしないようにしましょう。
そしてあまり多くはないのですが発電量の少なさによる苦情もある様です。
ソーラーパネルを設置して準備万端となったものの、発電量が雀の涙では悔やんでも悔やみきれません。
通常は後日トラブルにならないように発電量を低めに提示するものですが、それでも低いとなると完全に業者側にてなんらかのミスかトラブルが発生したものと思われます。
例えばシステムの不具合や計算間違いなどが挙げられますが、全て業者側の問題ですのでキチンと抗議して対応してもらうべきです。
以上のように、どれもこれも機械や設備の問題ではなく人として何らかの問題を抱えている場合が多いのではないでしょうか?
こういったトラブルに対処する為には、やはり独断で決めるのは避け、家族や信用できる人に相談するのがベストな道だと思います。


Categories: 導入した人の声