|

サイトマップ

© 2012 BlogName - All rigths reserved.

葛飾区の補助について

太陽光発電は、一般家庭の屋根に搭載すると、発電した電力を使用できるだけでなく、余った電力は買い取ってもらう事が出来るので、その搭載率も年々増加しているシステムです。
環境に優しいクリーンなエネルギーである事から、国や自治体でもその搭載は推奨されていて、搭載してある容量に合わせた補助金が出ています。
自治体から出る補助金は、各市町村によって異なります。null
中には補助金制度がない所もあれば、手厚い補償を実施している所もあります。
東京都葛飾区では、かつしかエコ助成制度という取り組みの下、上限40万円で1kw当たり8万円の助成金が支給されています。
また、東京都からも上限100万円で1kw当たり10万円の補助金が支給されます。
これに、国からの助成金が加わる訳ですから、葛飾区の人は太陽光発電搭載には手厚い補償を受けられるエリアと言えます。
ただし、助成金を受け取るにはそれぞれに手続きが必要になります。
また、手続きの方法や必要書類などは補助金を支給する場所によって異なるため、複数の補助を受ける場合には、事前にチェックをして申請漏れのない様にする必要があります。
また、葛飾区独自の取り組みとして、区民発電のグリーン電力証書化事業があります。
クリーンな電気を発電した事実をエコ価値として認め、その価値を証書として取引できる仕組みなのです。
自家消費電力分のエコ価値を対象として、1kwあたり10円が、申し込みから3年間にわたって支給されます。


Categories: 補助金制度