|

サイトマップ

© 2012 BlogName - All rigths reserved.

太陽光発電システムを一世帯一世帯の住宅に

脱原発へと舵を取りつつある現代において、再生可能エネルギーというのは議論の中心にあると言っても過言ではありません。
再生可能エネルギーは最も安全であるため、原発事故のような不安をしなくて済むのです。
また、再生可能エネルギーの大きなメリットと言えるものが小規模発電で可能であることです。
そのため、どのように再生可能エネルギーを取り入れていくかが大きな課題となっています。
そのなかで大きな注目を受けているのが太陽光発電システムといえます。
太陽光発電パネルに太陽光を当てておけば、勝手に発電してくれるシステムなのです。
とてもシンプルで管理するほうも安心ですし、発電にかかる手間がかかりません。
値段も比較的安く、発電量を考えれば数年から十数年後には出費した分を取り戻すことができるのです。
さらに周囲に迷惑をかけることがないとメリットが多いのです。
他の再生可能エネルギーでも問題がないと思われるかもしれませんが、それは違います。
というのも、他のものでは何かしら不利があるため、個人では扱いにくいのです。
たとえば、水力発電では水源の管理に手間がかかりますし、風力発電では音が出るためご近所に迷惑をかけてしまいます。
さらに、再生可能エネルギーで注目を浴びている地熱発電も個人で扱える規模ではありません。
このように、太陽光発電システムは個人で扱いやすいため、多くの人々がこれを設置しようとすでに動いているのです。
太陽光発電システム一つの発電量は原子力発電のものに比べれば小さいものです。
でも、塵も積もれば山となります。
一世帯一世帯が太陽光発電システムを住宅に設置していくことで、原子力発電に負けず劣らぬ発電量を得ることができるのです。
このようにして、太陽光発電をはじめ再生可能エネルギーを積極的に取り入れて、発電量を増やしていけば今後は原子力発電を必要としない時代へと突入することができるでしょう。
そのためには、まず一人一人の行動が何よりも大切だと言えます。