|

サイトマップ

© 2012 BlogName - All rigths reserved.

次世代エネルギーへの転換点

太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーというのは、大きな注目を浴びています。
それは偏に、とても安全なエネルギーであるからです。
それは原子力発電と比べるといくつもの安全性を手に取るようにわかるでしょう。
その理由の一つに、原子力発電のように核廃棄物を出すことがありません。
原発政策を打ち出して何十年となる今でも核廃棄物を処理することに苦慮している始末なのです。
そのような厄介な副産物を再生可能エネルギーは出すことがありません。
もちろん、福島第一原発事故のような事態に陥ることもないのです。
福島第一原発事故が起こってしばらく経ちますが、今でも半径30km圏内に大きな傷跡を残しています。
このような大きな事故に発展しないのも、再生可能エネルギーが注目されている理由です。
そのエネルギーの仕組みというのは、後世にも継続していかなければなりません。
そのため、後世に何世代にも負担を強いることのなるゴミや大事故の可能性のある危険性のある原子力発電をいつまでもその持続させていくわけにはいかないのです。
そもそも、オイルショックで石油を海外に依存している火力発電ではない次世代エネルギーへと移行するための繋ぎとして原子力発電が使われてきました。
その次世代エネルギーこそ太陽光発電を中心としている再生可能エネルギーなのです。
福島第一原発事故は次世代エネルギーへとスイッチする大きなきっかけとなりました。
現在の日本は再生可能エネルギーへの転換で苦慮されていますが、うまく転換できれば世界中へこのシステムを広めていき存在感を増すことができるでしょう。
そのためにも、一人一人がそのことを自覚してまずは身近に設置することができる太陽光発電システムを促進していくことが重要となります。
そうすることで、将来の子供たちへとエネルギーを受け継げることができるはずです。
将来の子供たちのためにも、今後の一人一人の行動が重要となっていきます。